iA Writerを端末間で同期する方法

iA Writer

iA Writerを端末間で同期する方法

iA Writerは端末間でノートの共有が簡単に出来るのですが、実際その設定はどうやってやるんですかっていう人向け。
Mac、iPhoneを使っている人向けの記事です。

 

私の場合はiCloudを使ってノートの同期を行うようにしましたよ。
他にDropBoxを使った方法でも良いようです。

 

 

まずは、システム環境設定からiCloudを開いて、
iCloudの設定画面を開きましょう。

ここでiCloud DriveがOFFになっている人はONにしておきましょう。
私は容量節約のためにOFFにしていました。

もしかするとOFFにしている人が多いかな??

 

 

iCloud DriveをONにするとデスクトップや書類など、不要なものまで同期されるようなのでオプションボタンを押下し、下記の画面を開きましょう。

 

マシンにインストールされているアプリケーションが表示されているので、その中からiA Witerを見つけ出してチェックボックスをONにしましょう。
これで必要なものだけ(iA writerのデータ)が同期されるようになりました。
すでにローカルにドキュメントを保存していた場合はiA writerのメニューからドキュメントを移動させることを忘れないように。

移動する場合は、ファイルの「移動…」から行えます。

 

これだけ設定しておけば完璧。
これでiPhoneで作成したドキュメントをMacで編集し、数日放ったらかしてからまたiPhoneでさらに編集するなんてことが出来るようになっちゃいます。

いやあ快適、快適。

 

iCloudの総容量は5Gなので、
あんまり無計画にぽんぽんドキュメントを放り込むと容量が足りない!なんて事になりかねない?ので注意しないといけないかもしれません。
画像などを放り込んでいるとアブないかもね。