カテゴリー別アーカイブ: iOS開発Tips

[Swift] UIImageViewのタップイベント処理を検出する

Switf3.0

UIImageViewをタップされたことを検出し、何か処理をさせたい場合・・・
次のようにすると良い。

参考:
http://qiita.com/k-yamada@github/items/79bb31cff50dc9fca321

UIButtonのsetimageが青くなる

Xcode7

swift2

 

UIButtonを用意した画像に置き換え、

アクション接続をした後にsetimageを使って画像を変更しようとしたらなんだかわからないけど青くなっちゃった!

って場合の対処。

 

 

ButtonのTypeをSystemからCustomにします

custom

 

 

 

 

 

 

 

これだけ。

ストーリーボードで画面のサイズを変更したいとき。

最近触ってなかったもんで、Xcodeのバーションを7にあげてみると

あれ?

何だかストーリーボードに表示されている画面のサイズがおかしい?

今までの環境ではiPhoneの4.7inchサイズがデフォルトで表示されてたと思うんだけど。
まあ戸惑いました。
そんなサイズの端末あったっけかなと。
今まで作ったアプリはiPhone向けのものばかりなので気にしたことなかったので驚きました。

 

んで本題ですが、今までのiPhoneの画面サイズに戻すには
ストーリーボードでViewControllerを選択し、
右側のメニューのSimulated Metricsのsizeを変更すれば良い。

 

iPhone4.7とかにしておけば問題ないと思います。

【xcode】bitbucketでプロジェクトを管理する

最近チームで開発作業を行う事があり、bitbucketを利用してソース管理をしたのでそのメモ。

bitbucketにアカウントを登録してチームアカウントを作る。

そしてチームのリポジトリを作成。

この2つを行ったら今度はxcode側の準備をする。

xcodeのsource controlからAdd Remoteをする。

名前は適当でOK

URLの部分は「https://ユーザ名@bitbucket.org/ユーザ名またはチーム名/小文字のリポジトリ名.git」とする。

これで完了。

commitとかpushとか出来るようになるはず。

 

 

【Xcode】UserInterfaceState.xcuserstateをgitの管理対象から外した時のメモ

xcodeでgitを使う場合。
そのままだとUserInterfaceState.xcuserstateっていうファイルがgitの管理対象になっちゃってプッシュとか出来なくなったりする。
こいつをgitの管理対象から外せば全てがうまくいく。
チームメンバーみんながハッピーになれる。

まず初めにgitで管理しているプロジェクト直下に[.gitignore]というファイルを作る
そして以下のように記述。

.DS_Store
*.swp
*~.nib

build/

# Xcode project files except for the project file
#*.xcodeproj/*
#!*.xcodeproj/project.pbxproj

*.pbxuser
*.perspective
*.perspectivev3

#!xcuserdata/
#*.xcuserstate
UserInterfaceState.xcuserstate

# Windows image thumbnail file
Thumbs.db

 

 

 

次にターミナルで次のコマンドを実行。
もちろんプロジェクトファイルのルートに移動してやること。

$git rm --cached FightClub.xcodeproj/project.xcworkspace/xcuserdata/tak.xcuserdatad/UserInterfaceState.xcuserstate
$git commit -m "removed cache."

このようにキャッシュを消してやれば変更が反映されるらしいです。

 

参考:UserInterfaceState.xcuserstateが.gitignoreで無視されない件